家庭教師とは

家庭教師とは何か

家庭教師とはあくまで国家資格を持たない教師が家庭において生徒の個別指導を行うことを指す。

個人事業主などの特別な場合を除き、家庭教師センターと呼ばれる派遣会社が家庭教師を抱えており、家庭教師の派遣を行っている。
家庭教師を依頼したいと思ったときはこの家庭教師センターが窓口となることがほとんどで、家庭教師のファミリーなどはそれに当たる。

家庭教師と個別指導塾の違い

家庭教師を含めた塾業界の市場規模は年々縮小を辿っており、家庭教師業界においても個別指導塾など他の事業形態と比較されることが多い。

個別指導塾とは、集団指導塾の対局にある塾として、一対一の個別指導による各生徒個々人に合わせたカリキュラムを特徴としている。一見家庭教師と何ら変わりが無いようにも感じるが、実は全く異なる。家庭教師は1名の教師が1名の生徒に対して指導しているのに対し、個別指導塾では通常3名~6名ほどの生徒を1名の教師が担当する。その為実際に生徒の指導に充てられる時間は雲泥の差となる他、教師がいないと集中力が途切れてしまうような生徒には個別指導塾では学習の効果が薄れてしまうデメリットが存在する。

正しい家庭教師の選び方

生徒に対してどの家庭教師を付けるのか、というのは非常に重要な選択になる。

教師と生徒の接触時間が長い分、人間的な相性も重要になってくる他、当然のことながら教師の指導力、知識力も必要になる。手っ取り早く家庭教師を見抜く方法として、志望校出身の家庭教師を選択する方法がある。生徒としても目指す志望校出身の家庭教師であればモチベーションの上昇につながる他、受験校に合わせた指導方法を取り入れることも可能になるので一番オススメと言える。

また、よく陥りがちなトラブルとして授業料以外の費用が発生することによる金銭的なトラブルがある。授業のキャンセルや振替にも費用が発生する場合があるので事前に確認しておく必要がある。

家庭教師のファミリーの「家庭教師」とは??

まず最初に申し上げておきますが、「家庭教師」という存在について、明確な定義は今のところ存在しません。言葉の意味から捉えると、学校など公共の場で教える事を生業とする教師がいるのに対し、私塾などで専任としてだけではなくボランティアで教える立場にある場合を「私教師」と呼び、家庭教師もこちらに当てはまるのだとか。
・・・そういえば、ここでふと疑問に思ったのですが、例えば教師側が何かしらのトラブルに巻き込まれた場合、法的サポートは「学校の先生」と「家庭教師」とでは異なるものなのでしょうか?そう考えると、学校の教師と家庭教師とでは、そもそも抱えるメリット・デメリットに微妙に違いがありそうですが、「自分にあった教師を選ぶ権利」は子供側にあるため、そこをつねに視野に入れておきたいですね。

家庭教師には、様々なタイプが存在します。それこそ、「家庭教師のファミリー」に所属する教師も、ひとりひとり資質や性格、教え方が異なるでしょう。
だからこそ、上記したように、生徒となる子供や依頼するご両親には「自由に選ぶ権利」が発生する訳ですが、しかし、この「自由」という概念は、現代人にとって頭を悩ます案件でもあるようです。
「自由にして良いよ」と言われると、どうしたら良いか分からず立ち竦んでしまう方は多いと思います。家庭教師選びの場合は、成績を上げるだけではなく、子供との相性も視野に入れなければならないため、余計難しいのではないかと・・・。

しかし、「家庭教師のタイプ」が事前にある程度分かれば、子供との相性もはかる事が可能になるのと同時に、じっくり冷静に考える事も出来ます!企業によっては家庭教師選びにも料金がかかるケースを想定するとなると、やはり事前に情報を仕入れておくのは得策ですね!
また、「こういうタイプの家庭教師が良い」という意見をしっかり持っておけば、派遣会社とのコミュニケーションもスムーズに進められるでしょう(^^)

家庭教師の「タイプ」について考えてみる

前述したように、「家庭教師」の概念については「コレが正解」というものは存在しません。けれど、家庭教師を「タイプ別」に分類してみる事で、意味合いを多角的に捉えてみるというのは可能になるのでは・・・?
と、いう事で、以下で家庭教師を様々な「タイプ別」にまとめてみますので、たとえば、「家庭教師のファミリー」にてお子さんに適した教師を見つける場合か、或いは、「家庭教師」という存在の意味するところを考え直してみたい、などなど、色々と活用して頂ければ幸いです!

【年齢別タイプ:学生】

特徴:
・現代っ子に適したコミュニケーションの方法を熟知している
・生徒と年齢が近いため懐かれやすい
・現役学生であり、ほんの数年前に義務教育を終えたばかりなので、「勉強やテストの大変さ」を理解してくれる
・年齢に適した学習を現在進行系で教えることは可能だが、上のレベルを目指す生徒には不向きな可能性も有り得る
・生徒の心を開きやすいのと同時に、「踏み込まれたくない部分」にまで触れてしまう恐れがある

【年齢別タイプ:社会人】

特徴:
・経験豊富
・幅広いタイプの子供にフィットする可能性が高い
・学生では指導が難しいハイレベルなカリキュラムにも対応できる
・教師自身が家庭やプライベートを優先するタイプの場合、生徒優先でカリキュラムを組むことが難しくなる

【性別タイプ:同性】

特徴:
・異性の教師に教わった場合に起こりかねないトラブルについて心配をする必要がない
・「同性の教師が良い」など、派遣会社を通して意見が言いやすくなる
・生徒が心を開きやすく、距離を縮めるための努力が少なくて済む

【性別タイプ:異性】

特徴:
・恋愛関係やセクハラなどのリスクはあるものの、最近は派遣会社側でしっかり指導をしているため、事前にきちんとマナーを備えた教師が派遣される可能性が高い
・子供にとっては異性とのコミュニケーションは社会勉強にもなるが、不安な親は側についていなければならないなど縛りが生じる

以下、番外編です☆「時間別」に関しては一見家庭教師自身のタイプとは異なるようですが、時間別によって教師側の得意・不得意が変わるだけでなく、生徒の対応もその都度変わると考え、あえて掲載する事にしました!こちらの内容も「家庭教師のファミリー」に関する記事と合わせて参考にして頂ければ幸いです(^^)

【時間別:60分】

特徴:
・学習に対して強い苦痛や苦手意識を感じる子供に最適、無理せずゆっくりと「勉強のたのしさ」を学び、自分の得意科目に気付ける可能性が高まる
・適格にポイントを押さえた授業を行うため、生徒が理解しやすいよう工夫出来る
・「学校の授業でさえもハードルが高い」という子供には、週一60分からスタートし、そこから少しずつ慣らす事が可能
・ある程度勉強慣れしていて、複数の教科の苦手部分を克服したいという子供には不向き

【時間別:90分】

特徴:
・「理数系は得意だけど文系は苦手」「文系は好きだけど理数系は好きではない」というように、苦手分野が明確且つ複数ある場合に適している
・基本は週一90分で、テスト勉強時期のみ回数を増やすなど、家庭教師側が子供のスケジュールに合わせて臨機応変に対応しやすい
・大学受験のために家庭教師を利用する生徒にとって、大学の講義を想定しやすくなる
・時間的に最も中途半端なため日によっては子供の集中力が持続しない

【時間別:120分】

特徴:
・途中休憩時間を挟むなど、子供の様子を見ながら余裕を持って集中力を持続させるための工夫を講じる事が出来る
・「勉強は苦手だけど、何とか克服したい!」という熱意ある生徒に対して、出来るだけ疑問点を残さないようしっかり時間を取ってレクチャーする事が可能
・勉強が苦手という以上に「机にじっと座っている事が苦痛」という生徒には、初回からいきなり120分の指導は不向き
・「学校の授業の確認→苦手箇所の洗い出し→講義→理解度の確認」というように、教師側が時間毎に授業内容を整理整頓しながら進められる
・休憩時間に「距離感を縮める」事が出来る

☆考察☆

以上、「家庭教師のタイプ別」に関してカテゴリー分けした内容から、「家庭教師のファミリー」の特徴や魅力について個人的に考察してみようと思います!
まず、【年齢別タイプ】から始めていきます。年齢別タイプは【学生/社会人】の2タイプに分けましたが、それぞれの特徴を以下にまとめてみたので宜しければご覧ください。
【“学生タイプ”の特徴まとめ】
経験は浅いがお互いに慣れれば比較的早く信頼関係が生まれやすいが、「友だち」になってしまうとちょっと危険かも。
【“社会人タイプ”の特徴まとめ】
「本職」ならハイレベルなカリキュラムが受けられるけれど、そうでないなら教師側の都合に合わせなくてはならないかも。
・・・・これらを比較してみると、いっけん「社会人タイプの方が成長できる可能性は断然高いのでは?」と思われそうですが、確かに、勉強に熱意のある生徒の場合はその方が向いているでしょう。
しかし、家庭教師に様々なタイプが存在するように、生徒側もタイプがそれぞれ異なります。それに、ひとりひとり得意・不得意な部分が微妙に異なるため、教師側には臨機応変な対応が必要です。
仮に家庭教師を依頼するからといって、担当する生徒が全員勉強好きとは限りません。もしかすると、ファミリーのような派遣会社に問い合わせをするご家庭のお子さんの多くが、勉強に対して「強い苦手意識」を抱いている事も考えられます。
そうなると、個人的にはどんなタイプの生徒にも臨機応変に対応出来る可能性が高いのは「学生タイプ」ではないかと。もちろん、学生と社会人とのあいだには「経験値」という大きな壁が立ち塞がっていますが、工夫次第でどうにでも解決出来るのではないでしょうか?
学生をしつつ家庭教師として仕事をしてるタイプの中には、「教えるプロの卵」も多く混ざっていると考えると、まだ知識が凝り固まっていない分、彼らの授業を受けた生徒は貴重かつ新鮮な経験が出来るかもしれません!

まとめ

今回は家庭教師とは何か、家庭教師の向く生徒、家庭教師の選び方などを紹介したが、家庭教師のファミリーでは『授業料以外すべて0円システム』を導入しており明瞭会計になっている他、教師数も多いため目的に合った教師を選択することができる。

家庭教師を検討する際の選択肢の一つとして考えるのに良いだろう。

  • 最終更新:2018-07-12 16:40:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード